英検 2020
模擬テスト

無料オンライン練習テスト & 回答付き

英検について

実用英語技能検定(英語の技能検定試験)- 通称英検は、日本において最も広く認知されている英語の試験です。英検は、留学や国際的な場で働く上での証明書といったような役割を果たしています。
試験は、年に3回実施され、それぞれ1次試験と2次試験に分かれています。1次試験では、リーディング、リスニング及びライティングを行い、2次試験では、スピーキングといった流れで進められます。

英検には、1級、準1級、2級、準2級、3級、4級、そして5級の7つの級に分類され、1級が最も難易度が高く、CEFRのC1に相当し、5級はCEFRのA1に値します。
目標の級に合格するためにしっかり準備しておけば、より高い点数を取れ、難なく試験に受かることができます。

ライティングとスピーキング

英検は、1次試験と2次試験とあります。まずは、ライティングの試験が実施されます。
ライティングの試験時間は、大体35分から40分ほどです。
次に、スピーキングでは、受験者の英語における直接的な会話能力やコミュニケーション能力が 評価されます。2次試験であるスピーキングの試験に進むには、まず1次試験で 行われるリーディング、リスニング及びライティングの試験に合格する必要があります。 2次試験は、1次試験終了してから約1か月後に実施されます。
ライティング及びスピーキングの試験の問題例に関してましては、以下のリンクからご覧になることができます。